ブログメイン画像

会社案内を更新しました

サカエテクノ株式会社は平成28年11月で創業50周年を迎えることになりました。半世紀という長い間続けてこれたのも弊社に日頃より多大なるご支援を賜ります皆様あっての事と日々感謝をしております。50周年を迎えるにあたり会社案内を更新いたしました。以前作製した会社案内は平成19年と約10年も前になります。新しく作成した会社案内でより弊社の事をお客様に分かりやすくより正確にお伝えできれば幸いです。今後も更なる内容の充実をする為に日々の事業を大切に新たなことへチャレンジしていきたいと感じました。



メンテナンス事業部

弊社にはメンテナンス事業部を設けております。当初の目的は日々の生産活動に使用する設備の修理や生産性向上への改良を行うために設置しました。主に九州工場内に本部を置き活動を行っております。新潟工場や海外工場の設備も一挙にこの部署が担当しております。日頃、社内の生産設備の保全を行っていると実際に設備を使用する従業員から色々な要望が上がります。弊社が行っている表面処理も押出成型もマイナーな為、市販品の機械や設備をそのまま使用することが出来ない為、メーカー様にオーダー発注が殆どになります。また、実際に現場で使用する従業員の要望も上手く伝わらず実際に納品された機械や設備にもメンテナンス事業部が後から手を加えることが多々あります。そういった経験を何十年か積重ねているうちに部署内から自分たちで設備を作製してみようと言う意見が出る様になりました。そこで数年前に小さい設備から自分たちで図面を書き資材を手配して内製で出来ないシステム制御関係等は外注に委託して作る事を始めました。色々な機械を作製して行くうちにお客様がその機械をみて『うちにも作ってよ』と言って下さい。初めてお客様に弊社が設計して作る機械設備を受注する事に繋がりました。まだまだ技術レベルは低いですが、我々の強みは自分たちが使い手の立場として何が必要か分かっているところです。常に使う側の立場でモノづくりを行っています。いつか直す事業部から作る事業部に変身出来るように日々精進してまいります。



ジオメット処理ご紹介

九州工場では金属部品の表面処理加工を行っております。主に自動車やバイクに使用されるボルトにジオメット液を要いて表面コーティングをしております。ジオメットとは単一系被膜構造で10μm程度以下の被膜で性能を発揮する表面処理です。基本物性は水ベースで・クロム化合物を含まない処理液で溶剤系タイプの様な危険物としての取扱を必要としません。また、めっき処理の様に水洗工程がないので廃水処理の心配がないので環境負荷もありません。組成概要は特殊無機系バインダーで金属フレークを結合しております。処理後の表面はシルバー色になります。
ジオメット処理の大きな特性は①薄膜により勘合性に優れている②高耐食性③耐熱耐食性に優れている④異種金属接触腐食を防止する⑤水素脆性が起こらない・・・以上の五つの大きな特徴をもった表面処理となっております。
また、弊社では更なる耐食性を求めるお客様や締付け安定を求めるお客様に対してオーバーコート処理のご提供も行っております。オーバーコートでは締付けトルクを安定させる為の処理液を8種類程度ご用意しております。また、四フッ化系の処理もご用意しております。金属部品の使用用途に合わせて様々な表面処理パターンをご提供させて頂いております。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

カレンダーから過去の記事を探す
2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最新の投稿はこちら
サカエテクノ九州工場敷地内アスファルト工事完了のお知らせ
検査棟の新設報告
謹賀新年
九州北部豪雨被害へのお見舞い申し上げます。
地鎮祭を行いました。